日本語教師の養成講座について - 日本語教師の需要は高まっている

日本語教師の養成講座について

日本語教師と言えば、外国の方向けに日本語教室にて日本語をレクチャーする教師の事ですが、この日本語教師を養成する専門学校があります。

例えば、ヒューマンアカデミーでは、日本語教師の養成に力をいれており、その資格取得をする事が可能です。

では、実際どのような手順で資格を取得できるのでしょうか。日本語教師になるには、文化庁の「日本語教員の用件として適当と認められる研修」の基準を満たし、その届け出を受理された講座を受ける事により、その資格が得られます。

日本語学校に出会えて満足です。

その養成には、専門学校に通う他、通信教育でも最近は取り上げられています。



その講座を受け、資格試験に合格した方のみ、日本語教師になれるのです。日本語教員の養成講座を受けてから、日本語教育能力検定試験という試験に合格すると、晴れてその資格を得る事ができます。
それには、最低でも420時間かかると言われています。
これは、どの専門学校でも取り入れている方法で、主に通学して資格を得たい方の為の最短のカリキュラムなのです。


また、専門学校はヒューマンアカデミーの他、IAYインターナショナルアカデミー、アークアカデミーなど様々です。

自身が住んでいる地域にあり、通いやすい場所を選ぶのが一番良いでしょう。

また、日本語教育能力検定試験の過去の合格者数を比較してみるのも良い専門学校の選び方と言えるでしょう。



通信教育も存在しますので、忙しい方は活用する事をおすすめします。
しかし、より早く迅速に、確実性を求めるのであれば、専門学校に通学するのが一番の近道です。