日本語教師の職業訓練コースとは? - 日本語教師の需要は高まっている

日本語教師の職業訓練コースとは?

近年日本語を学びたいと希望している外国人が増えてきており、日本教師の需要は益々高まっています。

こうした需要の高まりを受けてハローワークの求職者支援訓練は日本語教師を目指す職業訓練を行なっています。

一般的に日本語を教える教師になるためには、「日本語教師養成420時間講座を修了する」か「日本語教育検定試験への合格」が条件となっています。

まったく新しい日本語教育能力検定は無限の可能性に満ちあふれています。

しかし、専門学校に通うためには平均で50万円前後、高額なものだと100万円近くになることもあります。一方、ハローワークの職業訓練は教材代のみで受講が可能です。

養成講座を最後まで受講し修了証を貰えば、一般的のスクールに通った場合と同様の資格が得られます。

低価格で講座を受けることが出来るため、その分ハローワークの職業訓練は内容が薄いのではないかと心配になるかもしれません。

しかし、職業訓練としての日本語教師養成講座は民間委託されているので、一般のスクールに通う場合と比べて内容が劣ることはありません。
ただし、ハローワークの講座を受ける際に注意すべきことが、人気が高いため定員オーバーになることがある点です。



その際は、面接などで選抜をするため応募したからと言って必ずしも受講出来るとは限りません。

また、一般のスクールにあるような授業の振替制度がないため、あらかじめ決められいる日程で授業を受ける必要があります。このように日本語教師はハローワークの職業訓練で目指すことも可能なので、興味がある方は調べてみることをおすすめします。